上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のゲームは本当にカタルシスがないです。
だってほとんどソーシャルゲームだからね。

コンシューマのゲームだってシナリオもシステムにもカタルシスが感じられなくなって面白くない。


じゃあそもそもカタルシスってなんでしょうか。

さぁそこの文字を選択して右クリックからグーグルで検索してみよう!




「抑圧からの解放」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1417790634


だって。


んー、意味不明!


言葉からだと「抑えられていたものをとっぱらって気持ちよくなる感じ」ですよね。
実際じゃあゲームに落とし込まれている例を見てみましょう。


まずは名作ドラクエ5から。
この作品のすごいところは主人公が出産や結婚を体験するところがよく取り上げられますが、私が思うにそこじゃない。


最初ゲマに絶対勝てないところ

ここですね。


ネタバレですが、主人公と友に旅をしていた父親は自分が人質になったせいでゲマに殺されてしまいます。
目の前でね。


まぁ今までも主人公の目の前で父親に殺されるシーンはありました。
でもこのあと、主人公は10年間ナゾの塔を作るための奴隷にされてしまいます。

チチ シヌ オレ ドレイ

どこまでどん底なんでしょう。

ちなみにドラクエ5は各章が終わるたびにどん底に突き落とされます。

嫁が拉致されたり石像になって何年も人の家で守り神としておいておかれるも、最後ずさんに扱われたり。
堀井雄二先生何かあったんですか?って思うぐらい。


でもちゃんと後半ゲマと戦うシーンが用意されていて、その時に言われます。

やっぱりあの時殺しておくべきでしたね。」

みたいなことを言われます。


んーいいですね!本気でブッ〇したくなる悪ゼリフ。

このゲマかなり強いんですけど、それまでにちゃんとレベル上げや武器を手に入れていればなんとか倒せます。



そして父親の敵を取るのです。



これがカタルシス


自分の人生をひん曲げたゲマによって得た感情

「絶対に許せないけどあいつを倒す力がない・・・」←抑圧


            からの


「やったー、倒したぞ!念願がかなったぞ!」←解放

こういうことです。



なんでこれが必要なのか。


それはゲームを最後まで遊ぶ目的になるからです。


お気に入りのカードで最強のメンバーを作ろう!

これもひとつのカタルシスになっています。

----------------------------------------------------------------------
「あのカードが欲しいけど、手に入らない!」←抑圧

からの

「ガチャ引いたら出た!」←解放
----------------------------------------------------------------------
「ガチャで欲しいカードがあるがなかなか出てこない・・・」←抑圧

からの

「~万円使って出たー!」←解放
----------------------------------------------------------------------

最後のはなんか違う気がしますが、まぁ間違っちゃいないです。
尾崎豊も言いました、支配からの卒業をしたいと。(みんなガチャから卒業しようよ・・・)


そういうことです。

ただし

「このステージをクリアーしたいがクリアーできない」

は抑圧ではありません。
抑圧とはあくまで外的要因によって起こるのであり、自身の技術などからでは生まれません。
この場合は自分の下手さが悔しさに変わっているのです。だからクリアーしたい。

これはまた別の機会にお話すると思います。

とりあえずだらだら遊べたり、何回何十回と合成を求められる昨今。

いい加減くだらないやり込みはやめましょうよ。

作っている側もつまらないという Lose-Loseの関係だと私は思っています。


・これからゲームを作りたい人

・いまゲームの企画や仕様書で悩んでいる人。


あなたの頭の中に、継続プレイしてもらえるようなカタルシスは


入っていますか?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://idiotboy.blog60.fc2.com/tb.php/2-154f3253
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。