上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲームは教育に不要だと思う。

昨日、学校の先生を目指していた友人がこんなことを言っていたので少しお話を聞きました。
結構面白かったので少しこっちにまとめておこうかなとおもったんす。


まぁ会話の中でしかも僕がそう捉えただけなので本人が伝えたかったこととは離れているかもしれないけれど
要は彼の意見はこんなかんじでした。

①親がゲームにのめり込んで育児放棄する人が30%もいる。
最初は「ほほー!」って思いました。ゲームをプレイしていてそれを注意されることによって
家庭内暴力などが発生して育児放棄や離婚などに発展した人が問題を抱えた家庭のうち30%もいるそうです。
それは彼が調査して出した結果らしい。

これに関して僕が返した言葉として「実際そのパーセンテージがゲームしている家庭の全体に対してどれほどの人数なのかが重要なのでは」と聞いた。
話を聞いていると、ゲームが原因となって言うのは全体で3番目らしい。
一番多いのは「ギャンブルによるトラブル」。これはすごくわかるし、ってかそーだろとしか言い様がない。
2番目はなんかよくわからなかった。
彼いわく、どういう値にしろそういう事実があることには変わりない。っと言われた。
確かにそのとおりだと思う。

でも、個人的にはゲームを親がプレイしている家庭に対してどれくらいの比率だったのかが気になる。
親がゲームしている(た)家庭のうち70%が離婚や事件を起こしていればこれは問題、由々しき事態だと思う。
だって家庭を崩壊させる可能性がすっごく高いんやから。

でもそのデータはないらしい。
ネットで調べてもうまく見つけられなかった。

正直、世の中恋愛が原因で殺人事件だって起きるし、お金のやりとりとか様々な原因はある。
じゃあそれに対して恋愛禁止になったりはしない。事実があるということを認めているけど認めても結果は変わらない。事件なんてなんにでも引き金になるというのが僕の考え。


②ゲームが子供の教育においてなんのメリットもない。
「スポーツを続ければ心身ともに鍛えられ健康的な子供に育つが、ゲームを続けたところでそんな効果はないんだしむしろ退化してしまって悪影響のほうが強い。子どもの教育をする上ではやはり不要なものなんだ。」
多分要約するとこういう事を言われていたんだと認識している。

全体的に何も間違ってはいないとは思う。
でも正しいことを言っているとも思っていないのが僕の考え方。

確かにスポーツを続ければ心身ともに鍛えられる気はする。
その子が将来スターになってすごい大金持ちになるのかもしれない。
何が起こるかわからないよね。

でもその子供はなんでそのスポーツを続けられたんだろう。またそもそもなんでそのスポーツをしようと思ったんだろうか。親が好きで最初はいやいややらされていたかもしれないけど、どんどん魅力に取り憑かれて続けたのか。それとも親に何か握られていて続けざるをなかったのか?はたまた家計を助けるためなのか。

なんにせよ大事なのは「継続した」ことじゃないかなと思う。
10年ずっとそのスポーツに打ち込んで頑張ってこれたからこそ結果が出て心身ともに強くなったんだと思うの。
スポーツをやっていても「糞が!」ってなってこんな記事を書いている俺だっているわけだ。6年バスケやった結果やで。
逆に言えばゲームを10年やり続けた人が実はどこかでちゃんと大成しているかもしれない。
体が鍛えられてはいないかもしれないけど、正しい食生活は送っているかもしれない。
結果的に健康的で毎日ちゃんと働いているかもしれない。

確かにゲームの依存性は高い。
気軽に楽しめるし、簡単に勝利をつかむこともできる。
でも娯楽ってそういうものなんじゃないのって思う。ドラマや映画だってそう。

10年間スポーツをし続けてその人が心身ともに強くなったって生きてはいけない。社会ではお金を稼ぐ必要があるんだから。ゲームを遊び続けただけでもお金は稼げない。
どれか一つしかなしなかったら誰だってどんな人間でもダメになるし生きていけない。

ゲームばっかりやってるッて思うのはゲームをやっている姿しか見ていないから。
事実学校へ行っている時間は勉強させられてる。でもそれを見ていないゆえ「勉強ばっかりしてる」とはならない。5時間机の上でずっとドリルをこなしていたら不安になると思うんだけど、実際そうはならないかもしれない。
それは「勉強する事=正義」という方程式が世間で成り立っていると思っているから。

でも、それは僕はすごく危険だと思っている。
子供には自主的にやりたいことをちゃんと見つけさせることが必要だと思ってる。
でなければ社会で結局クソみたいな大人の下で働かされて行くだけ。

ゲーム自体教育の現場(学校や塾)においては必要ないかもしれない。
でも子供の教育においてその子がどのような人生を進んでいくかの選択肢の一つとしてゲームは存在しているし、ゲームにかぎらずこの世の中にあるもの全てが存在すべきだと思う

数3数Cがめちゃくちゃできたって料理人にとっては糞の役にもたたんのである。
算数が出来りゃあ美味しい料理は出せるんだよ。

「勉強しなさい!」
「スポーツしなさい!」
は、自分が描く子供の成長の理想を押し付けているだけであって結局自分の子供を自慢したいだけなんだ。
確かにその子が幸せに生きていくためにとは思っているだろうし、その考えには賛成する。
でも自分の知らないよくわからない世界にいると、急に不安になる。
スポーツしないと心身が鍛えられないし、勉強しないといい大学や会社に入れないっていうのは
大雑把としてはあるが、それ以外に生きていく道はいっぱいある。
音楽や絵画で生きている人もいるんだから。

でもなんでそうしないといけないのかは今までちゃんと説明している人を見たことがない。
その道を邪魔するものがゲームであり娯楽だから排除したくなるんじゃないかな。


最後にゲームのメリットを説明してッて言われてその時は思いつかなかったけど
まとめているサイトがあったので良かったら読んでみて。
http://papimami.jp/13537




総括すると
俺はゲームを支持して生きている人間だから、どうしても上手く生きていける世の中にはなってほしいなっていう
願望からこういう考え方をしてるんだとはわかっている。
でもゲーム作る人は少なくともこうはあってほしいなとも思う。
よく子供ができた親クリエイターさんが「ゲームさせたくない」っていうのを聞いてよく悲しくなってたのを思い出した。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。