上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いやー、人生で初めてほぼロンチで次世代ハード買いました。
VITAも発売1週間後に買いましたけど、家庭用は初。
本体自体は思っていた以上にコンパクト。
コントローラーが最初タッチパッド部分ダサいなーって思ってたけど
握ってみるとフィット感がすごくいい。

さてプレイしたゲームは「KNACK」
クリアーしてわかったんだけど、ソニーのJAPANSTADIOで作ってるから、トップのマークサーニー
以外はスタッフロールにたくさんの日本人の名前。

知らなかった・・・。

で、プレイ感想だけどかなり面白かった。

マリオのように「マリオ」と「スーパーマリオ」の状態で遊び方や得られる感覚が
違うようになっていて、久しぶりに「( ・∀・) イイネ!」って顔になりながら遊んでた。

シナリオはすごくバタ臭くって、シナリオ中色々と「なーんでーやねーん!」ってなる
ところが多かった。

あとビクターははやく博士を「不法侵入」と「器物損壊」の罪で訴えればよかった。


ビクター「博士!訴訟します。あなたの作ったKNACKが私のロボットたちを意味もなく破壊しているのですよ!」
博士「いやしかし、これは我々の平和のためで・・・」
ビクター「明らかに警備しているだけのロボットを壊す必要はないでしょうに!」
博士「いやでも・・・」

みたいな。


ビクター圧勝やん。

まぁ博士はなるべく泳がせたかったんだろうけど、KNACKが邪魔ならまずは根本を
経てばいいのになーって思いながら、子供向け風ゲームに大人気ない気持ちで遊んでいました。


途中ででっかいブラックロータスみたいなのが出てきたけど見なかったことにしました。



~ゲーム性~
一本道をただひたすら進みながら、出てくる敵達を殴り倒していくアクションゲームです。
でも、進んでいくにつれてナックがでかくなっていくので、かなりでかくなると
急に敵達が

( ゚д゚)

ってかおしながら攻撃してくるのをやめます。
あとは踏むだけ。


まぁアレですよ、弱い者いじめは


きもてぃー!


現実は良くないよ?良くないからゲームの中ではいいんじゃない!
正直歯向かってくるから攻撃しているだけなんだけど、とにかくでかいし途中で
戦車ぶち壊したらそのまま投げたりと、操作自体は少ないんだけど、
楽に、そして大胆に遊べるので最後まで少ないストレスで遊べました。

ほぼ使うの×と□だけだからね。


~グラフィック~
初めてプレイしたので

「あぁ綺麗な画面やねぇ。PS3よりもさらに透明感出たなー」って思ってたら

ナックのパーツが全部バラバラで処理されてる・・・。


ナックとは丸いコアを中心に積み木のパーツみたいなのがバラバラとくっついた


パワ○ロくんみたいなやつなんだけど

このナックのHPがゼロになると、そのパーツが吹っ飛ぶ。
しかもめちゃめちゃ細かく。

コアは丸いので吹っ飛んだ衝撃でコロコロ転がったりしてもう


「どんだけ計算してるんだよ!」って感じ・

敵とかも破壊するといっぱいパーツが外れたりと、気が遠くなるような作業だったんだろうなと
思わざるを得ない。それでもそれが爽快感や、敗北感を産めるのであれば正解だと思う。


あと、ゲーム自体ダウンロードだったからなのかすごく読み込みが早い。っていうか最初にある
だけであとはほとんどない感じ。一本道だけどオープンワールドっぽくて
カクツキもほとんどなくスゴイ出来だった。


最近ゲームバランスが複雑化していたけれど、シンプルなわかりやすいデザインの中に
巧妙な罠を仕掛けるマリオ的手法がとられていて、僕はすごく楽しかった。


難点を挙げるとすると、段差を飛び越える時の引っかかり方と
ナック自体サイズがコロコロと変わることもあって、敵との距離感がつかめず
よく攻撃を空振りしては殺されていました。

特に段差はひどい。

最大2段ジャンプまで出来るんだけど、1段ジャンプが低いのと前方に綺麗にあまり
飛ばないので、なかなか段差を登れないなんてことが起きる。

そういう時に限って上から弓矢とかの遠距離攻撃を食らったりするので
あの部分だけはとにかく何とかしてもらいたかった。


まだ本体自体使いきれていないけど、次世代感は感じる。
あとはもっと開発が効率良くなってくれれば、コンシューマもいろいろなゲームが
作れるようになるなーって。
ユーザーの感覚ではPS2ぐらいの雰囲気が帰ってくるんじゃないかなっとは思っている。
本体高いけどね。


まぁなんにせよ、開発者としてはかなり楽しみなハードなので
一度でいいからお近づきにはなりたいなーって思った。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。